極上エレクトロニカ : Shuta Hasunuma / OK Bamboo

okbamboo

saihateの独断による2007年度最優秀アルバムがShuta Hasunumaの[OK Bamboo]。

オーガニックな響きのする優しいエレクトロニカは数あれど、[OK Bamboo]はちょっと別格。

鋭い電子音とオーガニックな響きの調和、実験的構築・・・下手したら耳障りなくらいの音選びもあるんだけど、それがまた絶妙に気持ちいい。

優しさに包まれた鋭さ、息をのむ様な美しい旋律と響き達。

旋律もアジアを感じるというか、独特。

音響作品はメロディーに芯があるとダサくなりがちなんだけど、この作品はメロディーが存在感を持ちながらあくまで調和の中にある。

響きや外しにこだわってる・・・というか、それがShuta Hasunumaのセンスの良さなんだろう!

saihateはこのアルバムに衝撃を受けてミュージシャン仲間に聴かせまくったんだけど、誰からも評価が高く・・・そしてみんな嫉妬してましたw

しかし玄人を唸らせつつも、全体的にはごく自然に入って来るリスニングサウンド。

全10曲クオリティーが高く、通して聴いても浮き沈みの無いというまれなエレクトロニカ作品。

リビング、カフェや美術館・・・暖かくも知的な空間にもってこいな1枚です。

- MEMO -

Shuta Hasunumaは4枚のアルバムを発表していて全部素晴らしいんだけど、[OK Bamboo]はちょっと独特。

Shuta Hasunuma作品を[OK Bamboo]の感じから相対的に表現すると、

・1stの[Shuta Hasunuma]はアンビエント色が強い。

・3rdの[HOORAY]は電子感が強い。

・4thの[POP OOGA]はポップ感が強い。

・・・そんな訳でsaihate好みでは、ダントツで[OK Bamboo]!!

一度Shuta Hasunumaと話す機会があって、本人は「あれが一番聴きやすいですね~」なんて言ってたので、数ある引き出しの中でそういう仕立て方をしただけということか。

楽器も自分で演奏してるそうで([POP OOGA]では歌ってる!)、今の若い世代は天才ばかり。

自身のHP毎月1曲フリーのダウンロードもしています。

「作りたいから作る」そのシンプルさを大事に・・・素晴らしいです。

ここでこそShuta Hasunuma本当の音「呼吸の様な音楽」が聴けるのかも知れません

2008年のClub251のBENTENイベントに出演してもらいたかったんだけど、丁度4枚目のアルバム制作佳境で断念・・・

いつか絶対ご一緒したいアーティストです!

MP3 / iTunes Music Store
Shuta Hasunuma

CD / amazon

タグ:

Leave a Reply